よく使うIllustratorのキーボードショートカット

Pocket

最近、基礎的なとこからIllustratorの勉強をしなおしてます。
かゆいところに手が届くショートカットまわりもちょっとずつ覚えてきたので、これを機にまとめてみました。

Windowsの場合、⌘はCtrlになります。

デフォルトのショートカット

選択ツールの切替

選択ツールの切替
直前に使用した[選択]ツールに切り替え
直前に使用した[選択]ツールと対の組み合わせのツールに切替 ⌘ + option

塗りと線

塗りと線
塗りと線を切り替え X
初期設定の塗りと線 D
塗りと線を入れ替え shift + X
色なし /
カラー ,
グラデーション .
新規塗りを追加 ⌘ + /
新規線を追加 ⌘ + option + /

表示

表示
スクリーンモード切り替え F
すべてのパレットを表示・非表示 tab
ツールボックス以外隠す shift + tab

編集

編集
全面にペースト ⌘ + F
背面にペースト ⌘ + B
同じ位置にペースト ⌘ + shift + V
すべてのアートボードにペースト ⌘ + option + shift + V

オブジェクト

重ね順
最前面へ ⌘ + shift + ]
全面へ ⌘ + ]
背面へ ⌘ + [
最背面へ ⌘ + shift + [
ロック
選択オブジェクトをロック ⌘ + 2
すべてをロック解除 ⌘ + option + 2
他をロック ⌘ + option + shift + 2
表示・非表示
選択オブジェクトを隠す ⌘ + 3
すべてを表示 ⌘ + option + 3
他を隠す ⌘ + option + shift + 3
変形の繰り返し ⌘ + D
移動 ⌘ + shift + M
グループ ⌘ + G
グループ解除 ⌘ + shift + G
パスの連結 ⌘ + J
ブレンド ⌘ + option + B
アンカーポイントの追加・削除 shift + + / –
パスファインダーの繰り返し ⌘ + 4
クリッピングマスク作成 ⌘ + 7
クリッピングマスク解除 ⌘ + option + 7
複合パス作成 ⌘ + 8
複合パス解除 ⌘ + option + 8 

文字

文字
アウトライン作成 ⌘ + shift + O
フォントサイズの変更 ⌘ + shift + (option) + < or >
カーニング option + (⌘) + ← or →
行送り option + (⌘) + ↑ or ↓
ベースラインシフト option + shift + (⌘) + ↑ or ↓
長体・平体を100%に戻す ⌘ + shift + X
行揃え ⌘ + shift + L or C or R
両端揃え ⌘ + shift + J
均等配置 ⌘ + shift + F
[文字]パネルを表示 ⌘ + T
[段落]パネルを表示 ⌘ + option + T
[タブ]パネルを表示 ⌘ + shift + T
制御文字を表示/非表示 ⌘ + opyion + I

選択

選択
すべてを選択 ⌘ + A
作業アートボードのすべてを選択 ⌘ + option + A
再選択 ⌘ + 6
前面オブジェクトを選択 ⌘ + option + ]
背面オブジェクトを選択 ⌘ + option + [

効果

効果
前回の効果を適用 ⌘ + shift + E

表示

表示
プレビュー ⌘ + Y
オーバープリントプレビュー ⌘ + option + shift + Y
ピクセルプレビュー ⌘ + option + Y
ガイドの表示・非表示 ⌘ + ;
ガイドに変更 ⌘ + 5
アートボードを全体表示 ⌘ + 0
全てのアートボードを全体表示 ⌘ + optioon + 0
アートボードを隠す ⌘ + shift + H

登録したショートカット

個人的に登録しているショートカットです。

整列

Fireworksでは整列のショートカットがあってそれが便利だったのでIllustratorにも設定してます。

コマンド
垂直方向中央に整列 F4
水平方向左に整列 F5
水平方向中央に整列 F6
水平方向右に整列 F7
垂直方向等間隔に分布 F8
垂直方向上に整列 F9
垂直方向中央に整列 F10
垂直方向下に整列 F11
水平方向等間隔に分布 F12

参考記事:Illustrator:アクションを使って整列コマンドにキーボードショートカットをアサインする

リンク先のアクションファイルをダウンロードして登録します。
デフォルトだと「シンボルの作成」とかぶってるので、私はシンボルのショートカットはを shift + F8 で登録してます。

不透明度

Photoshopみたいに数字キーを押すだけで、不透明度が変更できるよう設定してます。
キーボードショットカットの設定のツールの中の不透明度のショートカットを変更すればOK。

参考記事:Illustratorでオブジェクトの不透明度をPhotoshopのようにキーボードショートカットでコントロールする

小技

複製

[変形]パネルで「X:100+200」という風に計算式を入力し、optionキーを押しながらreturnキーを押すと複製して移動できます。
縦横比そのままで拡大・縮小するときは ⌘キーでOK。

フォントの変更

⌘ + option + shift + F/M を押すと[文字]パネルのフォント名がハイライトされます。
ハイライトされた状態で、↑↓キー、もしくは英数字で入力するとフォントを変更できます。
そのままtabキーでウェイトやフォントサイズも変更できるので便利です。

参考サイト

ツール系は今回省略したのですが、これで作業効率が劇的に上がる!Illustratorのショートカットキー早見表を参考にしていただければと思います。

参考サイト

中の人について

matsui
大阪でwebのお仕事をしています。
ブログでは最近学んだことや、勉強会に参加したことを書いてます。