Illustratorのアピアランスを知る。[基礎編]

Pocket

Illustratorでは奥が深いアピアランス。
今回は基礎編としてアピアランスとはなんぞやから書いていきたいと思います。

アピアランスとは

オブジェクトの見た目をコントロールできる機能です。

アピアランス属性のは線 塗り 効果 不透明度があります。
何もいじってない状態のアピアランスウィンドウはこんなかんじ。

20150806_02

そして、アピアランスパネルの効果はこんなかんじ。

20150806_01

アピアランスを使うのメリット

コツをつかめると、ペンツールで書くと難しそうなものも簡単に書けるというメリットはもちろんですが、一番大きいのは修正に強いオブジェクトが作れることかなと思います。

あとからでも修正が可能

後になってから、角丸の具合を変えたいという時なんかにも数値で変更ができるので便利です。
(ちなみに、アピアランスの設定を直したいときは、ダブルクリックで編集できます。)
20150806_03

グラフィックスタイルに登録できる

グラフィックスタイルに登録しておくと一括で大量のオブジェクトにアピアランスを適用できるます
20150806_04

拡大縮小しても大丈夫

数値設定を%にしておくと拡大縮小にも強いオブジェクトが作れます。
20150806_05

アピアランスパネルの見方

初期段階では基本属性、基本アピアランス(効果がはいっていないもの)がいます。

アピアランスの効果から パスの変形 > 変形 を選択。
20150806_06

変形効果で 垂直軸にリフレクトにチェックしコピー1 を設定。
20150806_07

アピアランスは順番を変えると見た目がガラっと変わるので、順番が大事です。
左上から
・線に変形効果を追加
・塗りに変形効果を追加
・オブジェクト全体で上に変形効果を追加
・オブジェクト全体で下に変形効果を追加
しています。
20150806_08

アピアランスはオブジェクトの重なりと一緒で、上にあるほど前面にきます。
線と塗りの中にある場合は上から下に効果がでます。

実際に色々描いてみる

ふちもじ

文字の場合、アピアランスパネルには「テキスト」と「文字」があります。
1文字ずつとしての「文字」か文字の集合体としての「テキスト」かの違いです。

20150806_08

文字とテキスト両方に設定をしておくと印刷時に事故ってしまうケースもあるらしいので、文字のアピアランスは塗りと線をなしにして、テキスト自体に効果をかけます。
20150806_09

線を前面に置いてしまうと、こんなかんじで塗りが痩せてしまうので注意です。
20150806_10

フチ文字をつくるときは上から塗り→線→文字と並べます。
20150806_11

アピアランスの文字の線・塗りを無しにする件については下記が参考になります。
文字の線・塗りを「無し」にする理由を超丁寧に解説【アピアランス】

二重ふちもじ

アピアランスを追加スタイルとして重ねがけすることができます。
このあたり以前まではできなかったと思うのですが、CCで久しぶりにいじってみると、塗りと線が増やし放題+重ね順も自由に設定できます。

二重ふち文字にしたい場合は、線をコピーすればOK。
指定したフォントや線幅によっては、ツノができてしまうこともあるので、そういうときは、線の角を丸くします。
20150806_12

また、変形効果から水平の値をいじるとドロップシャドウっぽいこともできます。
20150806_13

タイトル画像でよくみる左端の縦線

タイトル画像なんかでよくみる左端の縦線もアピアランスで再現できます。
20150806_14

20150806_15

形状オプションを長方形
値を追加にチェック
幅を10px

塗りに対して
変形 水平方向に2%
変形の位置を左側に

に指定すればOK

長方形を作成するときに値を追加にチェックを入れることで、テキスト量が変わっても勝手に伸びてくれるようになります。

話題になったアピアランスいろいろ

いろんな人のアピアランスの使い方をみると、奥が深いなぁ…と思います。
私は普段Fireworksがメインでイラレでしかもアピアランスはめったにさわらないので、これからちょっとずつおぼえていければなと思います。

中の人について

matsui
大阪でwebのお仕事をしています。
ブログでは最近学んだことや、勉強会に参加したことを書いてます。