フリーランスのお金に関するあれこれ【確定申告について】

確定申告のシーズンですね。
去年からフリーランスになったばかりの私ですが、独立するにあたって、お金に関する本を読んだり、確定申告の勉強会に参加したりしてました。
今回は、税理士さんに直接きいたことや、周りのフリーランスさん、書籍から得た情報を元に、確定申告のことをあれこれ書いてみようと思います。

※間違いがないように努めてますが、その道のプロではないので、ひょっとしたら間違ってることもあるかもです。

確定申告って?

1月1日から12月31日までの1年間の所得を計算し、納める税金や還付される税金を申告することです。
法人であれば、事業年度を自由に設定できますが、個人事業主の場合は、1月1日が「期首」、12月31日が「期末」になります。
確定申告は、事業年度の翌年の2月16日から3月15日に行います。

申告対象者

事業所得があり、所得税が発生するフリーランスはもちろんのこと、会社員でも対象者になるケースがあります。

会社員でも対象になる人

  • 1年間の給与収入が2000万を超える人
  • 副業が20万が超えてる人
  • 同族会社から貸付金の利子や賃貸料をもらってる人

「白色申告」と「青色申告」の違い

確定申告には「白色申告」と「青色申告」の2つの方法があります。
用紙の色が青いか白いかの理由でそういう名前らしいです。

白色 青色
事前の手続き 不要 必要
記帳・帳簿の保存 2014年1月から義務化 必要
帳簿 単式簿記でもOK 単式簿記か複式簿記か選べる
確定申告のときの作成書類 収支内訳書
確定申告書B
所得税青色申告決算書
確定申告書B

白色申告であれば、簡単に申請できるというメリットがあったのですが、最近では記帳・帳簿の保存が義務化されてしまった影響で、あまりメリットはなくなってしまいました…。
ので、今後確定申告する予定の人は白色よりも青色の方をおすすめします。

青色申告にする場合は、あらかじめ申請書類が必要

青色申告の場合は事前に手続きが必要で、青色申告を開始したい年の3月15日までに税務署に行って、「青色申告承認申請書」 を提出する必要があります。
1月16日より後に開業した場合は、開業して2ヶ月以内に提出すればOK。
私は、開業届けを出すタイミングで一緒に提出しておきました。

書類は税務署のサイトからもダウンロードできますが、税務署でももらえます。
書き方については、その場で役所の人が教えてくれるのでご安心を。

青色申告にするメリット

一番のメリットである控除(こうじょ)額については結構知られてますが、そのほかにもいろいろメリットはあります。

  • 所得金額から10万~65万を控除できる
  • 前年以前の赤字を翌年以降3年間にわたって繰越ができる
  • 去年の黒字を還付することができる
  • 減価償却として、30万未満のものをその年の経費で落とせる

節税したいのであれば、青色申告がおすすめです。

収入と所得の違いについて
よくごっちゃになりますが、所得というのは、収入から経費を差し引いた額=利益のことで、所得税はその利益に対してかかります。
* 収入…売り上げの合計
* 所得…収入 – 必要経費
所得税の速算表を元に出します。詳しくは、国税庁のページでどうぞ。

青色申告の種類

青色申告と白色申告がありますが、さらに青色申告には2種類あります。

青色10万(簡易簿記)

  • 10万円の特別控除を受けることができる
  • 損益計算書を提出

青色65万(複式簿記)

  • 65万円の特別控除を受けることができる。
  • 損益計算書貸借対照表を提出

簿記を全く勉強したことがない人は、このあたりちんぷんかんぷんだと思うので、ざっくり説明をしておきます。

損益計算書… 期間内にどのくらい儲けたか(売り上げから経費を引いた額)
貸借対照表…現在の財政状態(資産・負債・資本金を書いたもの)

貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)を出すか出さないかで、控除額が55万ほど変わってきます。
多少経理や簿記の知識があった方がいいのですが….
でもどうせなら白色にするよりは、せめて青色10万の方がいいように思います。

会計ツールについて

収入がある程度ある人や、補助金を受けたい人、法人化したい人などは税理士さんにお願いするのですが、自力でやるという場合、会計ツールを使うのが必須になってきます。
freee(フリー)MFクラウド会計などを使えば自動仕訳+帳簿づけはもちろん、決算書まで作成してくれます。

freeeの場合は、簿記がわからない人でも使えるというのを売りにしてます。
逆に簿記の知識が少しあるという人はMFクラウド会計がおすすめです。
この2つであれば、機能的にはそこまで変わらないので、無料期間内に試してみて使いやすい方にするか、身近に教えてもらえる人がいるかでといいと思います。

クラウドではない買い切り会計ソフトなどもありますが、消費税などが変更になったときなどはアップデートしないといけなかったり、デスクトップやノートパソコンなど環境を変えて使う場合に面倒だったりするかなと思ってクラウドにすることに。
ちなみにわたしは、UIのデザインが好みだったこと、過去に簿記(3級)の勉強をしていたことを考慮してMFクラウド会計にしました。

青色申告の場合に必要な提出書類

青色申告では、「青色申告決算書」「確定申告書B」の2種類を提出します。

「青色申告決算書」

「青色申告決算書」は4枚つづりになってます。
1ページ目には「損益計算書」、2,3ページ目は1ページ目の詳細、4ページ目は「貸借対照表」を書いていきます。

1ページ目:損益計算書

  • 収入金額
  • 売上原価
  • 経費
  • 収入から売上原価と経費を差し引いた金額
  • 青色申告特別控除額
  • 所得金額

2ページ目

  • 月別の売上と仕入金額
  • お給料を払ってる人はその内訳
  • 貸倒引当金
  • 青色申告特別控除額

3ページ目

  • 減価償却費の計算

4ページ目:貸借対照表

「資産」と「負債・資本」。それぞれ合計金額が同じになることから「貸借対照表」と呼ばれてます。

  • 資産
  • 負債・資本金

(参考: 平成28年分 青色申告決算書(一般用)の書き方

「確定申告書B」

「確定申告書B」は所得税の計算になります。
「青色申告決算書」は事業で得た収入金額のみでしたが、「確定申告書B」では、事業以外で得た所得なども記入していきます。
書く枚数はケースバイケースなのですが、最低2枚を書きます。

1ページ目

所得をや所得税額を計算して記入します。

2ページ目

1ページ目の詳細を記入していくかんじです。

(参考: 平成28年度以降用 確定申告書B

確定申告の提出について

  • 税務署へ直接行って渡す
  • 税務署へ郵便で送る
  • e-Tax(イータックス)で申請する

e-Taxについて

e-Taxというインターネットを通じて、自宅から申告できる仕組みがあります。
マイナンバーカード対応のICカードリータライタが必要ではありますが、色々とメリットがあります。

  • 土日祝日/24時間申告できる(※メンテナンス時間を除きます。)
  • 添付書類の提出が一部免除
  • 還付金の状況をe-Tax上で確認できる
  • 還付までの期間が短縮(2~3週間くらい)

(詳細:【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス))

帳簿・領収書の保存について

帳簿・領収書については、最長7年(一部5年)保存する必要があります。
領収書に関しては、記帳が終わったら、月ごとにホチキスでとめて、ファイルに入れてます。
請求書は取引書ごとにファイルに入れてます。

クレジット決済や領収書をもらうときの注意点

クレジットカードの利用明細には、細かい情報が載っていないので、レシートや領収書は捨てないようにしましょう。
お金を使った証拠としては、「いつ(○年○月○日)」「どこで(お店の名前)」「何を(品名)」「いくら支払ったか(金額)」が必要になるのでなるべくそれらがわかるようどこかにメモしておくのがおすすすめ。
領収書で品名や但し書きが省略されてしまうことがありますが、具体的に書いてもらった方がよいようです。

個人事業種だと、買い物をしたとき、事業用と個人用とで一緒に購入することもあると思いますが、そういうときはレシートの裏なんかに「<品名> 〇〇円は家庭用」 などと書いていればOKとのことでした。
飲み会の場合は、取引先であれば会社名・名前・人数・目的なども書いておくとよいそうです。

領収書がない場合は…?

電車などの交通費や慶弔費、接待交際費などの領収書がもらえないケース、ありますよね。
もし、領収書がない場合は出勤伝票に書けばOK。
文房具店やAmazonなどにも売っているものなので、フリーランスの人はすぐに買っておきましょう。

確定申告などでわからないときは

地域の税務署にいけば、分からないことを教えてくれます。
申告シーズンであれば、無料の相談会もあります。
(青色の申請書類をあらかじめ出しておけば、確定申告の書類と一緒にそういう相談会のお知らせも届きます。)

また、オンラインの会計サービスを使っていれば、チャットや電話から聞けることができますし、コワーキングによっては、実際に税理士さんに相談できる機会もあったりします。

私は、フリーランスになる1年くらい前には、周りのフリーランスさんに聞いたり、勉強会に参加したり、本を読んだりして、ちょこちょこ情報を仕入れるようにしてました。
多分一気にやると大変なので、フリーランスになりたいなという人は、なる前にそういう情報を少しずつ仕入れておくといいと思います。

読んだ本


書いてたら、ちょっと長くなってしまったので、経費やお金に関することは、確定申告が終わったくらいにでもまた書こうかなと思います。

Pocket