関西の気になるアート巡り【2016・秋編】

Pocket

去年、関西の気になるアート巡り【2015・秋編】を書いたので、今年も書こうと思います。

恐竜博2016

161012_01
恐竜博2016
会期: 9月17日(土)〜1月9日(月)
場所: 大阪文化館・天保山

アートか?と言われるとちょっと違うのですが、おもしろそうだったのでいれてみました。
二大肉食恐竜のスピノサウルスとティラノサウルスの骨格がみれる恐竜博です。
ナイトミュージアムなど企画も結構力をいれてるみたいですね。
音声ガイドのナビゲーターは、「百獣の王」武井壮さんらしいです。

壺中之展

161012_02
壺中之展
会期: 11月8日(火)~12月4日(日)
場所: 大阪市立美術館

「壺中之天(こちゅうのてん)」という故事にあてはめて企画された展覧会。
日本・東洋の書画・彫刻・工芸をみることができます。

ミュシャと新製品の誘い

161012_03
ミュシャと新製品の誘い
会期: 8月6日(土)〜11月27日(日)
場所: 堺 アルフォンス・ミュシャ館

ミュシャによる商業ポスターや、明治・大正期に日本で流行した広告メディア「引札」の展覧会。
ミュシャのポスターを何度か見たことがあるのですが、図録でみるのとでは色味が全然違うので、ぜひ一度現物でみるのをおすすめします。

マリメッコ展

161012_04
マリメッコ展
会期: 10月8日(土)〜11月27日(日)
場所: 西宮市大谷記念美術館

北欧のフィンランドにあるデザインハウス、マリメッコ。
ファブリックとヴィンテージドレスがたくさん見えるようです。

六甲ミーツ・アート

161012_05
六甲ミーツ・アート 芸術散歩
会期: 9月14日(水)〜11月23日(水)
場所: 六甲山

六甲山上で開催されているアートイベント。
鑑賞エリアが広いので、1日で全部見るのであれば、朝から行って計画的に回るのがおすすめ。

世界遺産 ポンペイの壁画展

161012_06
世界遺産 ポンペイの壁画展
会期: 10月15日(土)〜12月25日(日)
場所: 兵庫県立美術館

世界遺産に指定されたポンペイとその周辺の遺跡から出土された壁画を扱う展覧会。
11月中の金・土の夜は一部の作品が撮影OKとのこと。

ヨコオ・マニアリスム vol.1

161012_07
ヨコオ・マニアリスム vol.1
会期: 8月6日(土)〜11月27日(日)
場所: 横尾忠則現代美術館

横尾忠則の創作と記録のために保管している資料にスポットを当てた展覧会。
兵庫県立美術館の半券を持っていくと、割引があるそうです。

つながる美・引き継ぐ心ー琵琶湖文化館の足跡と新たな美術館

161012_08
つながる美・引き継ぐ心ー琵琶湖文化館の足跡と新たな美術館
会期: 11月1日(火)〜11月23日(水・祝)
場所: 滋賀県立近代美術館

「琵琶湖文化館」が所蔵している文化財や、関わりのあるお寺の宝物などが展示されているイベント。
同時開催されている、企画展の「グリッドの美学」も気になります。

なにで行く どこへ行く 旅っていいね

161012_09
なにで行く どこへ行く 旅っていいね
会期: 11月1日(火)〜11月23日(水・祝)
場所: 京都dddギャラリー

ポスターを通して旅をみつめようという展覧会。
今回は大学とコラボしてるそうなので、いつもとはちょっと違った感じの展示になってるかもです。

生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲

161012_10
生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲
会期: 10月4日(火)~12月4日(日)
場所: 京都市美術館

『樹花鳥獣図屏風』で有名な伊藤若冲の展覧会。
日によって展示されてるものがちょっと違うようなので注意。

養老孟司・宮崎駿 ふたり展

161012_11
養老孟司・宮崎駿 ふたり展
会期: 10月30日(日)~11月27日(日)
場所: 京都国際マンガミュージアム

養老孟司の趣味「昆虫」と宮崎駿の「妄想」をそれぞれテーマとした展覧会。
ちなみに、京都国際マンガミュージアムは漫画の所蔵数が多く読み放題なので、1日ゆったり漫画を読むのにおすすめ。天気の良い日は外にでて読むこともできますよ。

最後に

大阪・兵庫・滋賀・京都とまんべんなくピックアップしてみました。
11月19 ・20日は関西文化の日というイベントもあるのでそちらも合わせてぜひ。

こちらの記事もどうぞ。
11月19日・20日は入館無料施設がいっぱい!「関西文化の日」

中の人について

matsui
大阪でwebのお仕事をしています。
ブログでは最近学んだことや、勉強会に参加したことを書いてます。