GRAND FRONTEND OSAKA 2016に行ってきたよ

Pocket

8月28日にグランフロントで開催された「GRAND FRONTEND OSAKA 2016」に行ってきました。

イベントについて

「フロントエンドの最先端」をテーマに、1日目はハッカソン企画、2日目はセミナーイベントという内容でした。

私は2日目のみの参加。
朝から夕方くらいまでセッション、その後は、前日のハッカソンコンテストの発表+LTという、参加費無料に関わらずなかなかのボリュームでした。

セッション

LT

※LTについては(懇親会のものも含め)見つけ次第、追加します。

参加したきっかけ

「自分はエンジニアじゃないし、ほとんどついていけないだろうな…」と思いつつも、最近の動向や自分の分野以外のことを、多少なりとも知っておきたかったので参加することに。

一般参加の枠は、結構埋まっていたので、参加数が少なかったブログを書く枠で参加しました。

他の方のブログ枠はこちら

(他の方のブログも見つけ次第、追加していきます。)

当日は、技術系によくある、鉞を投げたり布教活動をするシーンもちらほらあり、そういった空気感もおもしろかったです。
会場の雰囲気については、Twitterのハッシュタグ #frontkansai をどうぞ。

特に印象に残ったセッション

60fps を実現できるレンダリングパフォーマンス

「デベロッパーツールでこんなことできるんや!」と、とても衝撃的なセッションでした。まだ、100%理解はしきれてないので、復習していきたいです。

自分も仕事の案件でアニメーションさせることが何度かあったのですが、パフォーマンスについてはできていないことだらけで、もやもやしている状態だったので、もう少し詳しく聞いていたかったです。

IndexedDB, Worker, Server-side Rendering そしてフロントエンドの未来

内容は、専門外でわからなかったこともあったものの、聞いていておもしろかったです。

  • フロントエンドはJavaScriptが書けるかどうかではなく、データフローの適切な扱いができるかどうか
  • 自分が全部の仕様を追えなくてもいい。
    それよりも、追えてる人を見つけられるスキルや変化を恐れないスキルが大事

この2点が特に印象に残りました。

参加してみての感想

新しい技術については、興味があるけれど触るきっかけがない人や、最初の段階でつまずいてる人も多いと思うので、そういう人にはすごく良いイベントだなぁと思いました。

自分みたいに知識がなくても、「これを使えば、こういうことができるのか」という発見や、 「なんか、楽しそう」と思うくシーンがいくつかあったので、参加して良かったです。

エンジニアさんは、仕事以外のプライベートで、いろいろと作ってる人が多いので、「自分ももっと何か作りたい!」という良い刺激をもらえたイベントでした。

中の人について

matsui
大阪でwebのお仕事をしています。
ブログでは最近学んだことや、勉強会に参加したことを書いてます。