瀬戸内国際芸術祭に行ってきたよ<1日目 犬島/豊島編>

Pocket

青春18切符を使って瀬戸内国際芸術祭に行ってきました。

瀬戸内国際芸術祭って?

瀬戸内の島を散策しながら、現代アートが楽しめる芸術祭です。
会期は春・夏・秋の3シーズンの計108日間と長く、2010年から3年に1回の頻度で開催されています。

開催地
直島 / 豊島 / 女木島 / 男木島 / 小豆島 / 大島 / 犬島 /
沙弥島[春のみ] / 本島[秋のみ] / 高見島[秋のみ] /
粟島[秋のみ] / 伊吹島[秋のみ] / 高松港・宇野港周辺

会期
春|2016年3月20日[日] 〜 4月17日[日]
夏|2016年7月18日[月] 〜 9月4日[日]
秋|2016年10月8日[土] 〜 11月6日[日]

行く島を決める

開催地が広く、全部まわり切るのはなかなか大変な芸術祭。
島によって、車(バス)があった方がいい島と、自転車で回れる島とがあるのですが、自分は自転車や徒歩でゆっくり島を散策したかったため、犬島、豊島、直島に行くことにしました

ルート
1日目:大阪 → 岡山 → 犬島 → 豊島 → 岡山
2日目:岡山 → 直島 → 高松

島には民泊がいくつかあるので、最初は民泊に泊まる計画を立ててました。…が、行こうと思っていた日に台風が来るかも…ということもあって、ギリギリまで予約しぶってしまい、どこも予約がいっぱいな状態に…。
結果、岡山で一泊することにしました。

大阪から岡山へ

朝5時くらいに起きて6時に大阪を出て岡山へ。
青春18切符を使えば、大阪から岡山まで2000円(3時間)ちょっとくらいで行けます。

宝伝港へ

岡山駅から宝伝港まで、1時間くらいかけてバスで移動します。

実はこのとき、調べていた電車の時間を間違えていたため、バスの乗り継ぎを失敗。結果、2時間くらいタイムロスしてしまうことに…。

岡山駅から港へのバスは1日3本しかないので、1日で他の島も回りたい場合は、必ず朝の便に乗りましょう…。

犬島

無事港に着き、犬島へ。
当日は快晴で、すごく景色がきれいでした。

まずはパスポートをゲット

島についてからはまず、作品鑑賞のパスポート(5000円)をゲット。
お値段はちょっと高めですが、これがあると、シーズン中、作品が見放題になります。
直島に行く人や2日以上滞在する人、複数の島をめぐりたい人は買っておいた方が安上がりです。

パスポートを買うとガイドマップもついてますが、それぞれの島に置いてあるマップの方が詳しく、移動にかかる時間も書いてあったりするので、なるべくゲットしておくのがおすすめです。

徒歩で島を散策

犬島にはレンタルサイクルもありますが、島自体とても小さいので、徒歩でも十分周れます。
犬島製錬所や「家プロジェクト」の作品を見て周りました。

港近くには飲食店もいくつかあり、作品を見終わった後は、船の時間まで喫茶店でまったりしてました。
みかんのかき氷にしましたが、「犬島ぜんざい」という小豆汁の中に、カボチャとそうめんが入っているご当地メニューなんかもありました。

豊島

犬島から豊島(てしま)へ船で移動。
朝、バスを乗りすごしてしまったため、着くのが16時くらいになってしまいました。

16:30には展示が閉まってしまうのに加え、レンタルの自転車も5時までだったため、残念ながら作品は全然鑑賞できず、豊島美術館にも行けずじまいでした…。

仕方がないので、船がでるまでの間、カメラを持って散策。
アイスを食べたり、廃墟で寝てる猫を盗撮したりして過ごしました。

1日目の終わり

夕方発のフェリーで岡山まで戻りました。

乗り継ぎに失敗し、後半はグダグダだったものの、カメラを持ってあちこち散策するだけでも十分楽しめた1日でした。

長くなってきたので、後編に続きます。

中の人について

matsui
大阪でwebのお仕事をしています。
ブログでは最近学んだことや、勉強会に参加したことを書いてます。